とらまる人形劇カーニバルについて

とらまる人形劇カーニバルについての画像

とらまる人形劇カーニバルとは

西日本特大級の人形劇イベントにおもしろプログラムもりだくさん!

 とらまる人形劇カーニバルは、毎年秋季(10月下旬金〜日)に開催。とらまる公園全域を会場に、全国から招待したプロ劇団、県内、市内のアマチュア劇団による人形劇公演をはじめ、レクリエーションや工作コーナー、大道芸、飲食バザーなど、親子全員・三世代が揃って楽しめるプログラムで企画されています。

カーニバルの歴史

とらまる人形劇カーニバルは夢と希望と元気をお届けします

 1985年に旧大内町(現香川県東かがわ市)と香川県内の青年団、レクリエーションクラブの有志と人形劇人が集まって、手づくりの人形劇フェスティバル「第1回レクリエーションと人形劇のカーニバル」が開催されました。

 回を重ねるごとに評判を呼び、規模を増していく人形劇カーニバル。第10回を迎えた1994年には、地域の文化振興における功績が認められ「第29回モービル児童文化賞」を受賞。第20回開催の2004年には、「第10回東アジア太平洋人形劇フェスティバル」との同時開催で、延べ観客数は1万1000人を超えるものとなりました。

 第21回(2005年)からは名称を「とらまる人形劇カーニバル」と改め、パワーアップした企画で継続されています。現在は35年を超える歴史とともに、地域文化のシンボルとなっています。



▲過去のカーニバルの様子

参加証ワッペン カーニバルのプログラムをお楽しみいただくには参加証 ワッペンが必要です。お一人一枚で、開催の3日間有効です。人形劇の観劇や遊び・工作のイベントに参加できます。※一部の人形劇公演には別途有料チケットが必要